鎌倉を歩きながら

ある高校の写真部で指導のお手伝いをしていた関係から、私には人数は少ないながらも、広い意味での「教え子」と呼べる子たちがいます。
専門学校へと進学した中には春から2年生となり、就職活動を開始している子もいますが、ご多分にもれず厳しいとのこと。ゴールデンウィークに撮影会で会ったとき、鎌倉を歩きながらいろいろと話しました。

どんなことができるの? という私の問いに答えて、ある子は
「学校で習ったから、これとこれはできます、って言えるけど、本当にそれが社会でできると言えるレベルなのかが分からない」
と言います。

「確かに周りはみんな同じくらいのレベルだからね。でも、できるんだったら、できるってアピールしなきゃ。それに採用する側も、ベテランさんの “できる” と、新卒社員の “できる” のレベルが天と地ほども違うってのは、ちゃんと分かってるから大丈夫」

彼女がどの程度納得したかは分かりませんが、私ら大人だって今も “できる” のレベルを上げようと努力しているのです。若い人たちに追い抜かれないように、できるだけ先に進んでいなくてはね。

高校在学中は漫画と芸能人の話ししかしなかった(ように思う)彼女たちも、悩みながらも大人になりつつあるようで、嬉しく感じる一日でした。

<F>