12月の特別なお仕事

12月も半ばを過ぎ、もうすぐクリスマスですね。
現在アイザックエレメントでは、この時期恒例のクリスマスメニューづくりが佳境に入っています。
そういうメニューは業者がつくっているのでは? と思った皆さん。ええ、うちがその「業者」にあたるんですよ。

今年はいつもより少し数が少ないとはいえ、60冊つくるので時間もかかります。
記載の内容に沿ってメニュー本体をデザインして、それを出力して、中央にスジ押しを入れて、綴じ紐用の穴を1冊につき3つポンチで空けて、トンボでカットして、折ってと、ここまでが本体分。
その後外まわりのカバーでもポンチ穴あけ〜折り加工をして、それぞれを綴じ紐で組み合わせます。
聖夜を二人で過ごす恋人達のために、1冊1冊心を込めて…。と言いたいところですが、実際には組み立て中は「無の境地」です。こういった職人作業では、手が勝手に動いていく感じでしょうか。気がつくと10冊、20冊と仕上がっていきます。

ただ、綴じ紐の末端をきつく縛っていくことから、15冊目くらいから右手の中指と小指の側面が擦れて、痛いことになっていくんですよね。絆創膏を貼ると指の感覚が鈍るので、素手のままやりますが。

メニューは直接お客様の手にふれ、料理を選ぶよすがとなるものです。それはお店の信用を生むものでもありますので、無の境地でありつつも、美しくつくりたいと思っています。

今年のコラムでは、私は主にフォトグラファーとしてのコピーを書いてきましたが、こんな事もやっているんですよ。
さて、来年はT氏にも書いてもらいましょうかね。あちらはあちらで面白いことやっていますので。
ではまた来年。

<F>